本文へスキップ

歯列矯正は虫歯治療と同じく歯科医院の得意分野です。

クリアブラケット

クリアブラケットとは

クリアブラケット 写真

もともとはマルチブラケット法として歯列矯正で活躍していましたが、装置が 視認されやすい色だと目立つのでなんとかしてほしいという多数の患者さんの 要望に応えて、より透明なクリアブラケットが開発されました。 どんな仕組みになっているかというと矯正したいと思う歯を歯科医院で診てもらい その歯にブラケットを装着し、そこにワイヤーを通してキレイな歯並びになるよう 長時間力を加えます。 このブラケットが昔は金属製だったので、装着している人がドーナツを食べたり 早口言葉に挑戦するとそれを見守る周りの人に「あっ、今歯列矯正中なんだな、 歯の表面に金属っぽい光が見えた。芸能人みたいに白い歯で光を反射したのではなく あきらかに銀色の金属っぽさだった。」とすぐに見破られていたのです。 これが我慢できない患者さんも多く、可能な限り目立たないように歯科医師さんに 懇願する患者さんがとっても多かったので、金属製ではないクリアブラケット が審美的な理由で開発されたのでしょう。 完全に透明で触らなければそこにあるのが分からない、とまではいきませんが 早口言葉を唱えるようにせわしなく口を動かしながら喋れば、たいていの場面では ばれずにやりすごせるので好評のようです。 口を高速で動かすことが出来なければ、口元を観察されないように面白くて 興味深いトークを繰り出しても同じ効果を得られます。



目立たないワイヤー

透明に近いブラケットを使ってもワイヤーの存在を隠せなければあまり意味が ないのではと、歯科医院に行くことを躊躇している歯並びのよくない人達も まだまだたくさんいらっしゃるでしょう。 噂では見えにくい材質のブラケットがあるらしいけど、それだけじゃ隠しきれる とは思えないし矯正治療は気が進まないな、となかなか踏ん切りがつかずに予約の 電話をかけられないで、夜な夜な自分で歯を指で押して整えようとしている うちに数年が過ぎてしまった、なんて人もいそうです。 ですがクリアブラケット用に目立たないワイヤーも用意されているので、セット で使用すればまるでカメレオンのように歯や歯茎に溶け込ませられます。 いくらブラケットが透明でもワイヤーがはっきり見えてしまえば意味はなく、 そこも当然のようにフォローしてくれる品があるので安心です。 通常だと銀色で気を惹いてしまうワイヤーですがピンク色や金色もあり、そうした 物をクリアブラケットと併用することでより周囲に発見されにくい矯正装置に なるのです。 特にピンク色なら歯茎のようで不自然さは皆無、誰の口内もそんな色だから余計 な詮索を受けることもなく、「あの人歯科医院に通院してるらしいけど奥歯に虫歯 でもあるのかな?それともお目当ての歯科助手さんでもいるのかな?」と思われる ことはあっても、歯列矯正を受けてるとは思われないでしょう。



治療は短期間

従来のマルチブラケット法よりも最新のクリアブラケットなら治療に要する期間 も大幅にではありませんが、短縮されるようなので当事者にとっては嬉しい報せ になるのではないかと思われます。 どんな仕組みで治療期間が短くなるのか、その秘密はワイヤーとブラケットの素材 にあるようです。 このふたつの摩擦が少なくなるように改良されているので、歯列を正す力が効率 よく歯に伝わって歯並びをどんどん美しくしてくれるのです。 力が素直に伝達すればそれだけ矯正も短期間で済みますから、この部分の摩擦が 少なければそれだけ治療もスムーズに進みます。 どんなに大きな力を発生させてもそれを目的地に届けられなければあまり意味が なく、また摩擦などで途中で失われるパワーが多くてももったいないです。 従来のワイヤーとブラケットよりも円滑に力を伝えられるような材質で装置を 製造すれば、その問題は無いも同然です。 そしてこの点はこれからも改良され続けるでしょうから、ますます治療期間が 少なくなっていくことが期待されます。 最終的に摩擦0の装置が開発されるかもしれませんしそうならないかもしれま せんが、今の装置でも充分な摩擦だと思われます。



バナースペース